TAKAKUゼミナールのブログをお読みの皆様、こんにちは。

表の稲垣直剛(いながき なおたか)
です。


今日から四連休

塾生にはいつもより多めの宿題を出しています。

難易度の高い問題も含まれているので、時間を決めてきちんと考えて、わからなかったら途中までで良いと伝えてあります。

一問に30分もかけて他の勉強に支障が出ないよう、特に負けず嫌いのお子さんは様子を見ていてあげてください。


今日の漢字の読みですが、一度どこかで見ていなければ、勘ではちょっと無理かなと思います。

性能のいい予測変換では「兀々」とも出ますが、わざと予測しにくいように書かせていただきました。


答えは「こつこつ」。


コツコツと勉強する。のコツコツです。

」は山などの頂上が、高くて平らな様子を表しています。

時間をかけることで、「他を抜いて、ただひとり・ただひとつ」と積み重ねられていく着実な努力を言います。


たった四日間かもしれませんが、一日に1時間ずつ勉強時間を増やせば4時間

平日に一日で人より4時間勉強量を増やすのは難しいでしょうが、ここで楽するか「こつこつ」努力するかで、一日分前に出ることができます。

中学生くらいの時は地道な努力を「カッコ悪い」と言って軽んじる傾向がありますが、「こつこつ」をバカにしてはいけませんよ。


使い古された表現ですが、やはり「継続は力なり」です。


ついでにもう一問。

悄悄
」は何と読むでしょう。

四日後に登校する際、この言葉のような状態にならないよう、明日の記事で答えを発表します。


兀々